続・情報社会のアイドルコンプレックス

今までの人生の全てを伏線として回収できるように頑張ってるブログ

やさしさ

こんなくだらないことでグダグダ思い返してぼーっとして、我ながら退屈なんだなあと思う。やさしさの搾取だなんて思うなら初めからやさしくなんてしなければいいのに、“何事もやらないで後悔するよりやって後悔する主義”なので結局悩んでやってみるのである。

いいことないかなって言ったら「ミスタードーナツに行けばいいよ」と言われた。割といいことないかなって言いがちな私だけど初めて言われた。そうだった。けどミスドは、ミスドは魔法ではない。ミスドは魔法ではない。ミスドは魔法ではない。けどミスドは。こうやって緩やかに思考を停止させていってなんか言った気になってく。

絶対バレたくないくらい些細な会話も何度もイメトレしてやっと口にできる、小さな私の毎日を砂嵐のように消していく。歳を重ねると忘れちゃうんだって。

何がどのくらい染み込んで届くのか、知りたくて知りたくないを繰り返して年が暮れるのだろう。来年はもう覚えてないのではないか。

穏やかな平和な平日に辿り着きたい。

最近は毎朝、化粧という実験的アート活動を楽しみながら生きてるくらい器用な私はもう眠い。