続・情報社会のアイドルコンプレックス

今までの人生の全てを伏線として回収できるように頑張ってるブログ

芸術と生産性

aikoが好き」って言ったら恋愛面においては1発で負けを認めたようなもん。私だって人並みに病んでるもんあたしとあなただけの世界に閉じこもってたい1度だってそう思ったことあるなら認めてよ、それでも

 

ねぇお前の「好き」はその程度かよお前の「愛」はその程度かよお前の「大事」はその程度かよお前の「特別」はその程度かよ

ペラッペラめ紙みてぇにペラッペラだぞおい紙より使えねぇくせに私の何分の1だよそれもう私の愛の基準なんて分厚くて世界覆っちゃうじゃん世界征服じゃん神じゃんだから一人ぼっちで寂しかったんだねなるほどー!ってなるかよ

そういう思いが重いから重なって、特定の人に言ったら私の刃で私が痛い現象な訳ですよね。リスクは避けていきたいですよね分かってるから大人だから。それでも試したくなっちゃうよね、返信くれないだろうなって分かっておきながら、もう敢えてわざとどうせだから返信しなくても仕方なさそうなLINE送って取り敢えず既読つくタイミングだけ観察すんの。ばーか。もうほんと馬鹿ばかばっかくそなんなのほんとむかつくどいつもこいつも。いやー、みんななんで普通に何かしてもらったら連絡するってことくらい出来ないの??私が暇すぎるの?馬鹿にしてんの?私がおかしいの?そんで私が鎖国しても鎖国にさえ気付かず終わるだけだし、ただのさようなら。結局私が我慢して収めるの繰り返し。私VS世界はいつもそんな感じ。そんで私は暇を持て余してもやる事ないから風邪ひくんでしょ、また風邪だよ、風邪も飽きたよ。あなたの風邪は何処から?鼻から?喉から?頭から?季節から?人間関係から?多忙から?暇から?恋から?

世界中ディスっても世界中に愛される様な我儘気ままな愛のジョークみたいな人生送って許されたかった。

 

 

普通にツラいよ、周りの人から理解されないのって

「何処がいいのか全く分からない、もっと他にいい人いるはず」って言われながらも守ってるのも言えないんだよ、きっと私にだけ見せる顔があるから、周りには分からないとかさ、初め私だけが分かる魅力って謎に優越してしまったこととか、まあ後から普通に考えてダメージ来たんだけど。だから真剣に考えたんだけど、

「匂いとか色とかリズムが心地好い」のね、それって感覚的なものだから他人には分かりっこないし分からなくていいから結局誰にも発表してない。あとそういうのって本能的に相性がいいようにも思えるし、そんなんじゃやってけない気もする。

 私の愛する純文学とあなたの愛するラノベとでは一体世界溶け合う日が来るのでしょうか、私は指が切れました、あなたはハンバーグが好きなんですね!いいえこれは埼京線です。

…いやー、ハローグッバイって名曲だね。

 もっとエチュードハウスのオレンジのオイルティントリップが欲しいって悩みだけで充分なのに。